Flash Bulder 4.7 の AIR for iOS 書き出しでいろいろ躓いた

久しぶりにFlash Bulderを使うことになって、4.7でいろいろ環境準備。ひろゆきさんももクロちゃんのプロジェクトファイルを提供してくれたので、AIR for iOSで書き出しを試してみた。

で、前に使っていたのが4.6だったので、変更点があっていろいろ躓いたのでメモ。
1.appIDでハイフンが通らない。
実行構成ウィンドウのメインタブでターゲットプラットフォームにApple iOSを選択すると、4.6にはなかったAppId欄が(4.6以前はxml上でIDタグに指定するだけだった)。ここにxmlと同じIDを指定するんですが、「ID に使用できるのは英文字、数字および “.” だけです。」と表示されてハイフンがエラーにされてしまう(ボクのIDは、com.c-geru.*)。「えー、何で?」って感じですが、これはAppleのDeveloperサイトでハイフンなしのIDを作成することで回避。
でもXcodeはハイフンでも問題ないので、これはFlash Builder側の不備といっていいんじゃないですかね?ドメインにハイフンとかフツーにあるでしょ?最初は何が問題なのかわからなかったよ…。
2.iOS シミュレータが正しく動かない
IDは通ったので、iOSシミュレータで実行してみます。ビルドは順調、iOSシミュレータも起動してアプリのアイコンも見えます。…が、アプリ自体が起動せず。シミュレータ上のアイコンクリックでも無反応。
試しに実機(iPhone 5)に書き出してみると問題なく起動。回るよ、ももクロちゃん!
で、実行構成ウィンドウの「シミュレータ SDK の場所」を見てみると、古いXcodeのSDKを参照している模様(/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/SDKs)。検索しても新しいiOSシミュレータのSDKは見つからず。
とりあえず古いXcodeを全て削除することに。3.2.6とか4.3とか4.5とかいろいろ残ってました。ググったら、単にFimderからだとダメらしいので、下記リンクを参考に最新も含めて全部削除しました。
再び最新版のXcode 4.6.3 をインストール。しかし古いバージョンにあったDeveloperフォルダは作成されず。で、調べてみたらXcode4.3以降はDeveloper フォルダは、Xcode.appの中に作成されるとのこと。
 
で、実行構成ウィンドウの「シミュレータ SDK の場所」のパスを変更しようとしたのですが、参照ボタンで開くFinderからではパッケージ(Xcode.app)の中身を参照出来ず。仕方ないのでFinderでパスを確認しながら手打ちしました。参照先は以下です。
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/
Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/SDKs/
 
※このブログだと見切れちゃうので改行しましたが、ひと続きです。
この参照もXcodeがきちんとインストール済だったら、Flash Builderをインストールする時にきちんと自動的に見つけてくれたのかしらん。うーん…。
各リンク先の皆さんに感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*