【Xcode】Cardboard for unityのデモをXcode7で書き出す際の注意点

【OSX 10.11.3+Xcode 7.2.1+Unity 5.3.2f1+iPhone5(iOS 9.2.1)】

VRも盛り上がりを見せつつある昨今、iPhoneでVRのテストをしてみようかとググっていて、こんな記事を見つけました。

Cardboard SDK for Unityを使ってVR対応アプリを作る & Live2Dのキャラを目の前に召喚する – Qiita

以前、「ぱのかの」(現「ルクルク」)のイベントでスマホ用ビューアをもらったことを思い出しました。

IMG_1196
ぱのかの(ルクルク)ビューア。 ここ で手に入ります。

とりあえず「Cardboard SDK for Unity」のデモをテストしてみてみました。手順は下記のリンクを参照。

iOS 用 Unity のスタート ガイド  |  Cardboard  |  Google Developers

で、この記事通りに進めてみたもののXcodeからの書き出しでエラーになります。Xcode7リリース前の記事であるため、2点ほどエラーになった箇所があり、その対処のための備忘録です。

Xcode7.2.1でbitcodeエラー

Unityからビルドすると、Xcodeのプロジェクト一式が書き出されるので、プロジェクトファイル(今回は”Unity-iPhone.xcodeproj”)をXcodeで開くことになります(今回初めて知りました)。

で、Xcodeからビルドすると下記のようなエラーになります。

ld: '/Users/c_geru/work/unity/testProject/xcode/Libraries/Plugins/iOS/libvrunity.a(vraudio_unity.o)' does not contain bitcode. You must rebuild it with bitcode enabled (Xcode setting ENABLE_BITCODE), obtain an updated library from the vendor, or disable bitcode for this target. for architecture armv7
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)

これは、プロジェクト設定の Build Settings > Enable BitcodeをNOにすればいいらしい。詳しくは下記参照。

Xcode7でbitcodeのエラーが出た – Qiita

Xcode7.2.1で”_SecTrustEvaluate”エラー

で、もう一回ビルドしてみると、今度は別のエラーが2件。

Undefined symbols for architecture armv7:
  "_SecTrustEvaluate", referenced from:
      ___75-[GTMSessionFetcher URLSession:task:didReceiveChallenge:completionHandler:]_block_invoke651 in libvrunity.a(GTMSessionFetcher.o)
ld: symbol(s) not found for architecture armv7
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
Undefined symbols for architecture armv7:
  "_SecTrustEvaluate", referenced from:
      ___75-[GTMSessionFetcher URLSession:task:didReceiveChallenge:completionHandler:]_block_invoke651 in libvrunity.a(GTMSessionFetcher.o)
ld: symbol(s) not found for architecture armv7
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)

これらは、Security.frameworkが足りないことによるエラーのようです。プロジェクト設定の General > Linked Frameworks and Libraries で Security.framework を追加してやればOK。詳しくは下記参照。

[Unity] Xcodeで”_SecTrustEvaluate”, referenced from: エラーが出る – Qiita

これで無事、実機にビルドできました。

iPhone5にビルドした様子。
iPhone5に「Cardboard SDK for Unity」のデモをビルドした様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*