カテゴリー別アーカイブ: Swift

【Xcode】効果音と多重再生とSFSpeechRecognizer(音声認識)

作成中のアプリで使おうと思って調べたメモです。

サウンドの再生方法


調べてみると、下記の2つの方法があって、それぞれ用途によって総称されているフレームワークが違っている。

・AudioToolBoxを使う方法(効果音等短い音)
・AVFoundationを使う方法(BGM等長い音やループ)

【参考】
Objective-C:音楽(BGM)や効果音(SE)等のサウンド再生方法 | siro:chro
アプリ開発ブログ(仮): 効果音を鳴らす
【Xcode】アプリ内のボタンに効果音を付ける! | iDEACLOUD/dev

BGMと効果音を併用する際の問題点


効果音はAudioToolBox、BGMはAVFoundationで鳴らせばいいのかと思って、効果音をAudioToolBoxで組み込んで、テスト中にミュージックアプリで音楽流しながら、効果音を鳴らしたら音楽がフェードアウトしてしまった。で、調べてみたら、どうもAudioToolBoxとAVFoundationの併用に問題があるらしいことが発覚。

以下のリンクによれば、AudioToolBoxで音を鳴らすと、AVFoundationの方はフェードアウトしてしまうらしい。
なので、効果音もAVFoundationで再生することにする。

【参考】
BGMを鳴らしながら効果音再生するときの落とし穴 – iOSアプリ開発まとめWiki – アットウィキ

多重再生するための設定


更に調べてみると、多重再生させるには、以下の2つが必要とのこと。

・音声ファイルを .caf形式にする
・AVAudioSessionのカテゴリを変更する

.cafとは、Core Audio File の拡張子で、iOSおよびOS Xのネイティブのオーディオファイルフォーマットらしいです。

ターミナルから以下のコマンドで変換できます(例:sound_ok.m4a を sound_ok.caf に変換)

afconvert -f caff -d 0 sound_ok.m4a sound_ok.caf

※変換したところ、ファイルサイズは【107KB】>>【54KB】になりました。

また、AVAudioSessionのカテゴリは、デフォルトではオーディオ再生中にアプリを起動するとオーディオが停止(AVAudioSessionCategorySoloAmbient)するようになっているので、どちらも鳴らせるように設定を変更します。Objective-Cだと、AppDelegate.m にこんな感じに書きます。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    // バックグラウンドでの音の再生を許可
    [[AVAudioSession sharedInstance] setCategory:AVAudioSessionCategoryAmbient error:nil];
    return YES;
}

【参考】
Swift:AVAudioSession アプリのバックグラウンドで音楽を再生する | siro:chro
iPhoneアプリ開発のためのサウンドフォーマットまとめ | ぱーくん plus idea
Core Audioの概要【PDF】
【iOS】音楽を止めずに効果音を同時に再生するには|てくめも@ecoop.net

SFSpeechRecognizer(音声認識)で効果音が再生されない問題


SFSpeechRecognizer(音声認識)を使ったアプリに効果音を組み込んでみたら、SFSpeechRecognizerを使って音声認識した後に、効果音が鳴らなくなった。

結果的には、SFSpeechRecognizerを使って音声認識を実行した後に、もう一度AVAudioSessionのカテゴリを変更してやることで解決しました。Objective-Cだと、こんな感じ。

// バックグラウンドでの音の再生を許可(AppDelegateで設定しているが、speechRecognizer使用後に再度設定しないと、音が鳴らない)
[[AVAudioSession sharedInstance] setCategory:AVAudioSessionCategoryAmbient error:nil];

SFSpeechRecognizer自体はここでは触れないので、下記リンクを参照して下さい。要は、SFSpeechRecognizerを使う際にAVAudioSessionのカテゴリを録音用に変更(AVAudioSessionCategoryRecord)しているので、それを戻さないと音が鳴らないということです。

【参考】
[iOS 10] SFSpeechRecognizerで音声認識を試してみた | Developers.IO

【Xcode】Apple Watch用アプリのテスト(2)- 親子間(iPhone、Apple Watch)の通信

【Xcode7.2 + MacOX10.11.2 + watchOS 2】
前回に引き続き、Apple Watch用アプリを試してみました。今回は親子間(iPhone、Apple Watch)の通信について。実機がないのでSimulatorで確認。

同じ方の書いたこの記事を参考にしました。

Apple Watch アプリから親アプリの情報を更新する。 – Apple Watch アプリプログラミング

ただこのままだとエラーが出て、コンパイルが通りません。watchOS 2では、ここで通信に使っている WKInterfaceController.openParentApplication() というメソッドが使えないようです。

ios – ‘openParentApplication(_:reply:)’ has been explicitly marked unavailable here – Xcode 7 Beta – Stack Overflow

そこで調べてみたら、この記事で解説されていました。

[Apple Watch] Watch Connectivity: sendMessage 即座にメッセージを送るには

準備は、こんな感じになります。

・WatchConnectivity を import する。
・WCSessionDelegate を設定する。
・WCSession のサポートの有無をチェックする(WCSession.isSupported())。
・WCSession がサポートされているときには WCSession を初期化(WCSession.defaultSession())して、delegateを設定し、activeにする(activateSession())。

後は、送信・受信用のメソッドをWCSession 用に書き換えてやればOKです。

・送信:– sendMessage:replyHandler:errorHandler:
・受信:– session:didReceiveMessage:replyHandler:

ちょっと気になったのは、Simulatorでのテストでは、iPhone >> Watch への送信は即時に受け取れるんですが、Watch >> iPhone への送信は、10秒ほどのタイムラグが出ました。これがSimulator のみの問題なのか、Apple Watch の仕様なのかは、実機がないので確認出来ていません。

【その他参考リンク】
WCSession Class Reference – iOS Developer Library
WCSessionDelegate Protocol Reference – iOS Developer Library
iOS – watchOS 2 の Watch Connectivity を使ってみた – Qiita
[watchOS 2][iOS 9] Watch Connectivity で情報をやりとりする様々な方法 | Developers.IO

【Xcode】Apple Watch用アプリのテスト(1)

【Xcode7.2 + MacOX10.11.2 + watchOS 2】
Apple Watch用アプリを試してみました。実機がないのでSimulatorで確認。

いろいろ探してみたけど、見た中ではこの記事が一番わかりやすかった。

・簡単な Apple Watch アプリを初めて作ってみる – Apple Watch アプリプログラミング –

Apple Watchアプリは、必ず親となるiPhoneアプリがあって、その子としてWatchKit App を作成するということのようです。

このサイトの通りで基本的に問題ないのだけれど、唯一違うのはwatchOSが2にバージョンアップされているので、プロジェクトエディターの追加ボタンから、Apple Watch のWatchKit App を選択するところで、選択肢が2つに増えているところ。ここでは左(watchOS 2)を選択。

WatchKit Appが、watchOS 2とwatchOS1の2種類あるある。
WatchKit Appが、watchOS2とwatchOS 1の2種類ある。無印がwatchOS2用。

もう1点、Simulatorで実行時に「”Install of Apple Watch Application never finished” 」というエラーが出たこと。これは、iPhone側のSimulatorでWatchアプリから、該当アプリの設定を開いて”Show App on Apple Watch”のスイッチを一度切ってから入れ直せばOKでした。詳しくは下記リンクで。

ios – “Install of Apple Watch Application never finished” Error when deploying watch kit app to device – Stack Overflow

これでSimulator上でApple Watchアプリの確認ができました。

【Xcode】Facebook投稿でplugin com.apple.share.Facebook.post invalidated

【Xcode6.2 + iOS 8.4(iPhone5) + MacOX10.9.5】

引き続きFacebook投稿の話です。

前回のポストに書いたようにFacebook投稿自体は出来るようになったのですが、プログラムで設定したメッセージが表示されませんでした。コードはこんな感じ。

//facebook:送信
- (IBAction)sendFB:(UIBarButtonItem *)sender {

    // 組み込みのFacebookが利用可能な端末かを検証する
    if ([SLComposeViewController isAvailableForServiceType:SLServiceTypeFacebook]) {
        
        // Facebook投稿機能のインスタンスを作成する
        SLComposeViewController *slComposeViewController = [SLComposeViewController composeViewControllerForServiceType:SLServiceTypeFacebook];
        
        
        // 投稿するコンテンツを設定する
        // 表示する文字列
        [slComposeViewController setInitialText:@"#アイコン顔カメラ"];
        // URL
        [slComposeViewController addURL:[NSURL URLWithString:@"http://www.c-geru.com/"]];
        // 画像
        [slComposeViewController addImage:[UIImage imageNamed:@"icon_10.png"]];
        
        // 処理終了後に呼び出されるコールバックを指定する
        [slComposeViewController setCompletionHandler:^(SLComposeViewControllerResult result) {
            
            switch (result) {
                case SLComposeViewControllerResultDone:
                    NSLog(@"Done!!");
                    break;
                case SLComposeViewControllerResultCancelled:
                    NSLog(@"Cancel!!");
            }
        }];  
        
        // 表示する
        [self presentViewController:slComposeViewController animated:YES completion:nil];    
    }

}

で、表示される画面がコレ。「slComposeViewController setInitialText:」のテキストが表示されていません。
メッセージが表示されない

この画面でテキスト入力すると、そのテキストは投稿されますが、Xcodeに下記のようなメッセージが表示されます。

plugin com.apple.share.Facebook.post invalidated

【追記】2015.8.17 ちなみに「slComposeViewController setInitialText:」をコメントにしても、投稿後に上記メッセージが表示されます。

調べてみると、こんな情報が。

ios – UIActivityViewControllerでFacebookにシェアできない – スタック・オーバーフロー
sharing – ios plugin com.apple.share.Facebook.post do not show provided text – Stack Overflow

これによると、Facebook側のポリシー変更ということのようです。

Platform Policy 2.3 Example and Explanation

メッセージは基本ユーザに入力してもらうと考えれば、ハッシュタグつけるとか以外に困ることはなさそうですが、一応備忘録として。

【Xcode】Facebook投稿で「ログインしていません」と表示される

【Xcode6.2 + iOS 8.4(iPhone5) + MacOX10.9.5】

アプリからFacebook/twitterへの投稿は、投稿するだけなら各サービスへのアプリ登録は必要なく、Social.FrameworkをインポートしてSLComposeViewControllerを使えばカンタンに出来るらしい。

Objective-C – LINE/Facebook/Twitter投稿 – Qiita
[XCODE] iOS組み込みのFacebook投稿機能を使う方法 – YoheiM .NET
【Xcode】Facebook、TwitterにiOS標準フォームで投稿する
serviceType – SLComposeViewController Class Reference

で、試してみたところ、Facebookの方は「ログインしていません」とメッセージが出て投稿できない。

ログインしていません
表示されるアラート

iPhone側では・・・

・Facebookアプリはインストール、ログイン済。
・iPhoneの 設定>Facebook でID、パスワードは登録済み。

になっています。

いろいろテストしてみたところ、下記の手順で投稿できるようになりました。

1.Facebookアプリをログアウト。
2.iPhoneの 設定>Facebook でID、パスワードの登録を確認。
3.Facebookアプリでログイン。

Facebookアプリに最初にログインしたときに、iPhoneの 設定>Facebook でID、パスワードを登録せずに、Facebookアプリ側でログインしていたため、Xcode側からは設定情報を使ってログインされていないと判断されていたみたいです。

またFacebookアプリはログイン状態を保持しているので、iPhone上でFacebookアプリが起動されているかどうかではなく、Facebookアプリログインされた状態になっているかどうかで判断しているようです。

ブラウザ上でのFacebookページへのログイン状態は関係しないようです。まあ設定の情報を使っていないので、当たり前か。

【Swift】大重さんのSwiftセミナー私的まとめ(67WS GAT銀座/2014.11.12)

今日はGAT銀座で「【無料】Xcode 6のSwiftがすごい! みんなそろってiOSアプリ開発再スタート!」というセミナーに行ってきました。講師は大重美幸さん。

話の中で一番大事だと思った言葉は「ネットにあるサンプルの多くは、iOS8やSwift1.0以前が多くて最新版だと動かないものが多い」とのこと。

以下、ざっくりまとめです。ちなみに絶賛Objective-C修行中なので、Swiftは未体験。

・Swiftは.h(ヘッダファイル),.m(実行ファイル)の二つではでなく、.swiftファイル1つで書き出される

・StoryboardはiPad画面が基本で、端末ごとのレイアウト画面はない。Autolayoutで配置し、全ての画面に対応するのが基本。
※Storyboardの画面下部、wAny hAnyと書かれた部分をクリックしてレイアウト切り替え可能。このレイアウトが新設されたSizeクラスと関係するらしい。各端末サイズをconpactWidth,conpactHeight、RegularWidth,RegularHieghtで分類するらしい。

・アシスタントエディタ>Previewで、各機種ごとのレイアウトが確認可能。

・Playground(Swift専用)
左側のように書くと、右側に変数や定数の値が表示されるインタプリタなウィンドウなんだけど、何のためにあるのかは出なかったような?(聞き逃した?)

スクリーンショット 2014-11-13 2.19.27

・変数はvarで定義できる。変数は値を設定するだけの型推論で書けるけれど、値を指定しないで定義するときには型指定が必要。
(例)var price:int

・定数はletで定義できる。定義時に値の代入が必須。
※Swiftは定数letを多用することで処理速度を上げている可能性もあるかも、とのこと。

・switch構文が大幅に変わっているらしい(breakが不要。逆に連続させる場合は、fallthroughを書くなど)
【参考】
Swiftの列挙型、switch文、網羅性チェックが素晴らしい!(リンクはセミナーで照会されたものではありません)

・タプル(Tuple)について。
【参考】構造体、列挙型、タプル(3/3):初心者のためのSwiftプログラミング入門
(リンクはセミナーで照会されたものではありません)

・レンジ演算子について。
【参考】Swift言語ガイド第2章基本演算子 – 前を向くために Part3
(リンクはセミナーで照会されたものではありません)

・Optional Valueについて。
【参考】Swift の Optional Value を便利だと思った話 – もくもくろぐ
(リンクはセミナーで照会されたものではありません)

だいたいこんな感じでした。資料は山のように用意されたようですが、15分延長も時間足らず…。是非、レジュメアップ希望します。

大重さんのSwift本(iOS8.1+Swift1.1対応)は、12月には出せるんじゃないかとのこと。

以上ざっとですが、覚えている限りのまとめです。参加された方で間違いなどあれば、ご指摘下さい。

————————————————————

大重さんの本も参考に、先日無事アプリがリリースされました。パチパチ。「アイコン顔カメラ/icon face camera」というiPhoneアプリです。無料なので是非試してみて下さい。