【CreateJS】Canvasのアニメーションを動的に切り替える

Canvasでアニメーションだけなら、JavaScript書かずにFlash CC(Animate CC)で書き出せばいいよね。Flashまだまだ使えるよ!なんですが、実際運用するとなると、ある時期でアニメーション切替、追加、削除等の変更が出てきます。AS3.0ならloadMovieでswf切り替えればよかったんですが、「CanvasにはloadMovieとかないし、どうするの?」と思ったら、意外とカンタンな話だったのでまとめておきます。

まずはアニメを作ります。
1つ目。Flash CC(今回はFlash CC 2015を使用)で、新規から「HTML5 Canvas」を選択してクラッシックトゥイーンでアニメーションして書き出しただけ。完成品はこちら

アニメその1

 

2つ目。作り方は同じ。完成品はこちら

anime2

 

で、2つ目のアニメを例に、Flash CCが書き出したHTMLとJavaScriptを見てみると・・・

・HTML抜粋(anime2.html)

<script>
var canvas, stage, exportRoot;

function init() {
	canvas = document.getElementById("canvas");
	exportRoot = new lib.anime2();

	stage = new createjs.Stage(canvas);
	stage.addChild(exportRoot);
	stage.update();

	createjs.Ticker.setFPS(lib.properties.fps);
	createjs.Ticker.addEventListener("tick", stage);
}
</script>

・JavaScript抜粋(anime2.js)

// stage content:
(lib.anime2 = function(mode,startPosition,loop) {
	this.initialize(mode,startPosition,loop,{});

	// timeline functions:
	this.frame_119 = function() {
		//this.stop();
	}

	// actions tween:
	this.timeline.addTween(cjs.Tween.get(this).wait(119).call(this.frame_119).wait(1));

	// レイヤー 2
	this.instance = new lib.mc_girl();
	this.instance.setTransform(698.1,205,3,3,0,0,0,41.1,143.8);

	this.timeline.addTween(cjs.Tween.get(this.instance).to({x:283.1,y:463},59).to({scaleX:4,scaleY:4,x:-154.8,y:479},60).wait(1));

	// レイヤー 3
	this.shape = new cjs.Shape();
	this.shape.graphics.f("#FF9900").s().p("Egq9AfPMAAAg+eMBV6AAAMAAAA+eg");
	this.shape.setTransform(275,200);

	this.timeline.addTween(cjs.Tween.get(this.shape).wait(120));

}).prototype = p = new cjs.MovieClip();

 

JSファイルでは、アニメーション全体がlib.anime2として定義されていて、それをHTML側に書いたJavaScript(init)でstageにaddChildしているという構造です。

なので、アニメーションの再生フレームを監視して、再生し終わったらremoveChildで削除して、次のアニメーションをaddChildすれば言いわけです。で、この2つのアニメーションを切替再生するためにJavaScript部分を書き直したHTMLがこちら。

・HTML(anime_switch.html)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>anime_switch</title>

<script src="http://code.createjs.com/easeljs-0.8.1.min.js"></script>
<script src="http://code.createjs.com/tweenjs-0.6.1.min.js"></script>
<script src="http://code.createjs.com/movieclip-0.8.1.min.js"></script>
<script src="anime1.js"></script>
<script src="anime2.js"></script>

<script>
var canvas, stage, exportRoot;
var animeArray = ["anime1","anime2"];
var count_anime;

function init() {
	canvas = document.getElementById("canvas");
// 	exportRoot = new lib.anime2();

	count_anime = 0;
	exportRoot = new lib[animeArray[count_anime]]();

	stage = new createjs.Stage(canvas);
	stage.addChild(exportRoot);
	stage.update();

	createjs.Ticker.setFPS(lib.properties.fps);
	createjs.Ticker.addEventListener("tick", stage);
	createjs.Ticker.addEventListener("tick",onCheckAnimationEnd);
}

function onCheckAnimationEnd(event){
	if (exportRoot.timeline.position >= (exportRoot.timeline.duration-1)){

		count_anime++;
		count_anime = count_anime > (animeArray.length-1)  ? 0 : count_anime;

		stage.removeChild(exportRoot);

		exportRoot = new lib[animeArray[count_anime]]();
		stage.addChild(exportRoot);
	}
}

</script>
</head>

<body onload="init();" style="background-color:#D4D4D4">
	<canvas id="canvas" width="550" height="400" style="background-color:#FFFFFF"></canvas>
</body>
</html>

※完成サンプルはこちら

要点は以下の通り。

  • 両方のアニメーションのjsを読み込む(9-10行目)
  • アニメーションを切り替えるためのライブラリ名は配列化(15行目)
  • 再生順を管理するためのカウンタ変数を追加(16行目)
  • アニメーション再生監視用に関数を追加(31,34-45行目)

今回のCreateJSでのASとの相違部分は以下です。

処理 AS JavaScript
現在のフレーム数 mc.currentFrame mc.timeline.position
総フレーム数 mc.totalFrames mc.timeline.duration

 

【追記】
2つのアニメーションを1つのflaファイルに、それぞれMovieClipとして作成した場合は、JSファイル上は・・・

  • lib.anime1
  • lib.anime2

のように定義されるので、この名前でaddChildできます。よって、必ずしもアニメーションを別ファイルで作成する必要はありません。

※今回のようにアニメーション全体を切り替える場合、実際には別ファイルと管理する方が楽だと思います。

上記の説明は、私の環境のFlash CCで書き出される下記のバージョンのCreateJSを前提としています。

<script src="http://code.createjs.com/easeljs-0.8.1.min.js"></script>
<script src="http://code.createjs.com/tweenjs-0.6.1.min.js"></script>
<script src="http://code.createjs.com/movieclip-0.8.1.min.js"></script>

【参考】
今回はtwitterでのやりとりが元になりました。gyoh_kさん野中さんに感謝。

gyoh_kさんのツイート
野中 文雄さんのツイート1
野中 文雄さんのツイート2

【追記】2016.6.9
野中さんさんから、「MovieClip.currentFrameプロパティは前からあり、EaselJS 0.8.1 でMovieClip.totalFramesプロパティが加えられました。」とのご指摘を受けました。CreateJSとASの対応表を下記のように修正します。

処理 AS JavaScript
現在のフレーム数 mc.currentFrame mc.timeline.position,mc.currentFrame
総フレーム数 mc.totalFrames mc.timeline.duration,mc.totalFrames

 

currentFrame,totalFramesを使ったサンプルはこちら

参考
FN1506001 | EaselJS 0.8.1: MovieClipオブジェクトの再生の長さ・フレーム数を調べる | HTML5 : テクニカルノート
EaselJS v0.8.2 API Documentation : MovieClip – currentFrame
EaselJS v0.8.2 API Documentation : MovieClip – totalFrames

「【CreateJS】Canvasのアニメーションを動的に切り替える」への2件のフィードバック

  1. アニメーションの数とか、誰がつくるのかの役割分担にもよりますけど。アニメーションを始めるときにコールバックを渡して、終わったらそれを呼ぶというかたちにすると、親から枚フレーム再生位置を確かめる手間が省けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*