カテゴリー別アーカイブ: IoT

【IoT】Wi-Fiモジュール ESP8266 を使ってみた

最近、いろんなところで話題になっているWi-Fiモジュール ESP8266。技適も取得していて、しかも数百円で入手可能。ということで、放置しっぱなしの電子工作のリハビリも兼ねてやってみました。

いくつかある記事の中で、機材的に一番ハードルが低そうなこちらを参考にしました。

プログラミング不要でiPhoneからLEDをオン・オフするIoTを作る(ESP8266使用) – stocker.jp

【テスト環境】
・Arduino IDE 1.6.7
・OSX 10.11.2

基本的な方法は、上の記事を参考にしてもらうとして、異なる点や補足をメモしておきます。

1.FTDI USBシリアル変換アダプター は同じものが手に入らなかったので、同じく5V/3.3Vで使用できるこちらを使いました。
FT232HL ハイスピードUSBシリアル変換モジュール

2. FTDIのチップをPCで使うにはドライバが必要だそうで、こちらを参考にOSX用のドライバを入手、インストールしました。
VCPドライバのインストール(mac編) | スイッチサイエンス マガジン

3.使っているUSBシリアル変換モジュールが違うので、USBシリアル変換アダプターと ESP-WROOM-02接続の仕方がちょっと違います。

・(USBシリアル)GND >> (ESP-WROOM-02)GND
・(USBシリアル)VIO >> (ESP-WROOM-02)3V3
・(USBシリアル)AD1 >> (ESP-WROOM-02)TXD
・(USBシリアル)AD0 >> (ESP-WROOM-02)RXD

USBシリアル変換アダプターと ESP-WROOM-02 を繋いだ様子
USBシリアル変換アダプターと ESP-WROOM-02 を繋いだ様子

4.上記2.でFTDIのドライバをインストールした後、上記1.のUSBシリアル変換モジュールを単体でつなぐと、Arduino IDEにシリアルポートが表示されるのだけれど、ESP8266を繋いだ状態でUSBに繋ぐとシリアルポートが表示されませんでした。

原因はよくわからず・・・。とりあえず上記1.のUSBシリアル変換モジュール側の電源部分(VIOとGND)のジャンパーコードを外すとシリアルポートが認識されるので、その状態で認識後にジャンパーコードを差し込んで、ソースコードを書き込むことで動作しました。

※下記ブログにOSX 10.9 の場合は、apple製のFIDIチップ用ドライバがよくないようなことが書かれていますが、OSX 10.11だし・・。
Arduinoトラブルシューティング アップロード編: 構想100年

またYosemite(Mavericks)だと、AppleFTDIドライバを無効にする方法もあるようです。
MacOSX – Yosemite(Mavericks)でFTDIが動かない件 – Qiita

同じ現象が出た方、解決法などあれば教えてください。