【Xcode】iOS10以降は各種ユーザーデータへアクセスに許可が必要

【OSX 10.11.6+Xcode 8.0 (8A218a)+iPhoneSE(iOS 10.0.2)】

iPhoneの音楽ライブラリからアートワークを使おうと思って、前に書いた古いコードから必要な部分を移植して動かしてみたらエラーが出た。

[access] This app has crashed because it attempted to access privacy-sensitive data without a usage description.  The app's Info.plist must contain an NSAppleMusicUsageDescription key with a string value explaining to the user how the app uses this data.

iOS10以降は、ユーザーデータにアクセするには、Info.plistに該当アクセスに対応したキーと使用目的を示すテキストを記述する必要があるようです。詳しくは下記リンクを。

[iOS 10] 各種ユーザーデータへアクセスする目的を記述することが必須になるようです | Developers.IO

具体的には、TARGETSからinfoを選んで、下記のように追加するだけ。

TARGETS > info で必要なアクセス先に対する許可を追加します。
TARGETS > info で必要なアクセス先に対する許可を追加します。ここではメディアライブラリ、マイク、音声解析、写真ライブラリの4つを指定。

Keyの選択肢は、全て「Privacy – 」で始まっているので、そこから必要なものを追加すると、アプリの初回起動時にそれぞれ許可を求めるダイアログが表示されます(keyに指定したString部分が、ダイアログの説明分として表示されます)。

info.plistで設定したアクセスに対して、許可を求めるダイアログが表示される。
info.plistで設定したアクセスに対して、許可を求めるダイアログが表示される。

ダイアログでの選択(許可するかしないか)は、iPhoneの 設定>アプリ名の中に保存され、ユーザーが切り替え可能です。逆に言うと、初回起動時以降は、ユーザーに設定で許可を変更するよう促す必要がある、ということですね。

アクセス許可は、iPhoneの 設定>アプリ名の中に保存される。
アクセス許可は、iPhoneの 設定>アプリ名の中に保存される。

で、冒頭の音楽ライブラリのアートワークを使うには、メディアライブラリへのアクセス許可を求めればいいようです(今回は音楽データそのものは使っていません)。

【参考】
iOS10ではカメラアクセスなどの目的を明示しないと強制終了する – Qiita
[iOS 10] ユーザーのプライバシー情報にアクセスするときは理由を書こう | Developers.IO
iOS 10 からユーザの許可を求めるアラートへの説明文追加が必須に – 強火で進め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*